初めてのワイヤレスイヤホンをレビュー!と、中国語→英語の切替方法

イヤークリップ型ワイヤレスイヤホン
イヤークリップ型ワイヤレスイヤホン

AppleのAirPodsも流行っているしワイヤレスイヤホンにしたい!!けど、すぐに落としちゃったりうまくハマらなかったりしてワイヤレスイヤホンを諦めていませんか?

ムスメの運動会でドラえもんのダンスを見てから『夢をかなえてドラえもん』の歌が大好きになって、口ずさんでいると「ママ!歌わないで!!」と強く制止されますT^T

こんにちは!とまこです(^-^)/

目次

耳に挟むワイヤレスイヤホンを使ってみた感想

今回は、憧れていた骨伝導の耳に挟むタイプのワイヤレスイヤホンをゲットしたので、使ってみた感想についてお話ししていきますね!

耳を塞がないワイヤレスイヤホンが想像以上によかった

Air podsなどのワイヤレスイヤホンが合わなかった人に、耳の穴を塞がないクリップタイプならストレスなく付けられるかもしれないです!

イヤホンがちょっと動くと落ちちゃっていたけど、このクリップタイプなら耳たぶの上の軟骨部分を挟む感じなで耳の穴の形状も関係ないので、しっかりと装着できている感じです。

骨伝導のワイヤレスイヤホンをゲットするまで

AirPodsなどワイヤレスイヤホン憧れてた!

街中でもたくさん見かける、AirPods。なんとなくおしゃれだし、意識高い系の感じがして(笑 憧れていました。

でも普通のコード付きのイヤホンでも外れやすいし、iPhoneなどApple社製品に付属しているイヤホンですらすぐに外れちゃって落ち着かないのでワイヤレスイヤホンなんて絶対すぐなくす!!と諦めていました。

骨伝導ワイヤレスタイプのambie(アンビー)の存在を知る

ある時、耳を塞がないタイプのイヤーカフってのがあると知りました。

もともとイヤホンをする時は外部の音が聞こえないのがいやで、基本的に片耳しかつけません。なので、「耳を塞がない?!なんて画期的なのーーー!!」と、ambieのワイヤレスイヤホンをリサーチ。

カラーも女子向けな淡い感じで質感もこのみ♡だったんですが、全くのコードレスではないんですね…

残念…

ジムでも使いたいから、首回りにコードがないタイプがいいんです!

耳に挟んでふさがないタイプのワイヤレスイヤホンを発見!

今度は耳に挟むイヤークリップ部分がアンビーそっくりな骨伝導のワイヤレスイヤホンを発見!!

しかもコードがついてなくて、完全にワイヤレス!

骨伝導ワイヤレスイヤホン
完全にワイヤレスなイヤホン

レビューは微妙だったけどワイヤレスイヤホンを買ってみた

同じようなイヤホンのレビューを見まくりましたが、

よかった!!というレビューと、ダメ〜〜!というレビューでかなり個人によって感想が違う感じ。

基本的にイヤホンを使う時って、音声を聞いたりジムで運動している時に音楽などを聞くぐらいなので、音質にはこだわりがありません。違いもよくわからないし(笑

レビューにより中国製とわかっていたので、まぁ失敗してもいいかという感じで購入してみました。

一応ワイヤレスイヤホンの説明書ついてます

箱を開けたら緑に光っててびっくりします…

骨伝導ワイヤレスイヤホンのよかった点と残念な点

届いて、早速設定してつけてみると…

簡単だし、イヤークリップも柔らかくて着けやすい!

個人的に走っても落ちそうな感じもなし。

設定も簡単だし、自分の耳には合っていたみたいでとってもよかったです。

イヤホンがしっくりくるかは個人差がある

夫さんは楽天ランキング常に上位にいるワイヤレスイヤホンを愛用しています。

楽天ランキング1位のワイヤレスイヤホン
楽天で購入した夫さんのワイヤレスイヤホン

ケースから外すだけでペアリングしてくれるし、耳にぴったりで落ちることもないし使いやすいそうです。

ただ今回購入してイヤークリップはすぐに外れそうで心もとないそうです…

4歳のムスメは着けてあげると喜んで夢をかなえてドラえもんを聞いていて、なかなか外してくれないくらいでした。

う〜ん、耳の小さめな人向けなのかな?

ワイヤレスイヤホンは耳の裏側に来る部分が柔らかいシリコン製なので、ある程度の耳のサイズには適用しそうな感じもします。

正直ちゃちい…どのぐらい持つか??

このワイヤレスイヤホン、プラスチックとシリコンなので正直高級感はないです…デザインでもちょこっと金属な部分などあればもう少し高級感が出そうな気もします。

また、説明書には骨伝導と書いてあったけど、おそらく骨伝導ではなさそう。

ムスメが聞いている時にイヤホンに耳を近づけると音が聞こえます。

少し離れれば全く聞こえませんが、大音量で聞きたい人や静かな所で使いたい方は気になるところですね。

付属の説明書がわかりづらい…

そう。レビューにも合ったけど一緒に入っていた説明書がわかりづらいです。

日本語に翻訳されてであろうコピーの取説。

とてもわかりづらい日本語…

下に自分なりの設定と使い方をまとめてみたので、見てみてくださいね。

ワイヤレスイヤホンの説明書はわかりづらい
コピーの説明書

使い方、中国語から英語への設定の仕方

まず、最初の注意点としてタッチパネルがすぐに反応してしまうので触る場所の注意が必要。だけど慣れると使いやすいです!

それから中国語で何か言われます…

中国語がわかったらよかったのにーーー><

iPhoneのBlutoothの設定の方法

<流れ>

①iPhoneの設定→②Bluetooth→オン→③その他のデバイス→S19をオン→接続完了

iPhoneのBluetoothの設定①
①iPhoneの【設定アプリ】から【Bluetooth】を選択する
iPhoneのBluetoothの設定②
②【Bluetooth】をオンにする
iPhoneのBluetoothの設定③
③【S19】を選択する

上記画像のように【S19】が表示されたら、接続は成功しているはずなので、試しに音楽など聴いてみましょう。

スマホのBluetoothをオフにしなければ、次回からイヤホンをケースから外すと自動でスマホと接続してくれます。

これ、地味の便利ですね!

細かい使い方メモ

・もし片方しか聞こえなかったら、そっちは電源がオンになってない

・指紋マークを長押しすると電源のオンオフ切り替えられる

・軽く1回タップすると一時停止⇔再生を切り替えられる(左右同じ)

・中途半端(2~3秒?)長押しすると、Siriさんが立ち上がる

・下の画像で左しか赤く点灯していないのは、右がきちんとケースにハマってないから↓

ワイヤレスイヤホンをケースに入れたところ

・何かがおかしかったら、ケースにいれてキチッと充電の接続がされるように抑えてみる。これでBluetoothの接続が切れる模様。

中国語から英語への切り替え方法

1.スマホとの接続を切る(スマホのBluetoothをOFFに)

2.ケースから取り出して、右のイヤホンを2回タップ

3.長押しすると英語で「パワーオフ」と言ってる

4.左も長押しするとこっちも「パワーオフ」と言う

・耐久性はまだまだ分からないけど、イヤホンが耳に合わない事が多い人にはオススメ

ワイヤレスイヤホンが合わない人は試してみる価値アリかも

ワイヤレスイヤホンやコード付きのイヤホンが合わなかった人に、耳たぶを挟む、耳を塞がないクリップタイプならストレスなく付けられるかもしれないですよ!

まとめ

・Air Podsや普通のワイヤレスイヤホンがすぐ外れちゃうなど、合わない人にはおすすめ

・Bluetoothの設定は簡単

・骨伝導ではない?!

・中国語から英語への切り替えができる

・耐久性はこれから…

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家のことをするのがスキ、物作りがスキ、引き寄せの法則や心理なんかもスキな40代主婦。主人とひとりムスメと東京都のとかいなかに住んでます。
これまで先人ブロガーさんたちにたくさん知恵を授けてもらいました。
今度は自分も誰かのお役に少しでも立てたら嬉しいなと思っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる